派遣会社 評価の時期

悪質な派遣会社。具体的には、日雇い派遣を中心とした派遣会社の淘汰が進みだしています。

このブログでは、一般的な事務派遣を中心とした派遣会社について書いておりますが、今回は、日雇い派遣についても書いてみようと思います。

日雇い派遣の仕事内容は、従来、手配屋と呼ばれる人たちが行っていたとされています(実態はヤクザであるという情報もあります)。毎朝、決まった場所に人を集め、トラックで現場まで運ぶ訳です。そこで、仕事させ、給料を払うという訳です。

もちろん、大幅なマージンを手配屋が取るのですが、結果として、労働者が苦しい生活を余儀なくされていたのは、今も昔も変わりません。

そして、時代は変わり、手配屋はなくなりましたが、その代わり登場したのが、日雇いの派遣会社という訳です。
続きを読む
posted by 派遣会社 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣会社

派遣会社と社会変化

派遣業界はいよいよ、きびしい競争になっていくと思われます。

企業側の求人意欲の回復から、派遣で働いていた人が、正社員へと流出する傾向があると思われ、その結果、派遣スタッフの減少、派遣社員の質の低下という状況が生じる可能性があります。

その上、派遣会社の数は非常に増えており、競争は激しくなる一方です。

ただし、正社員への流出が即、派遣業界に致命的なダメージを与えるかというと、そうではありません。

ここ数年の派遣社員の増加に加え、終身雇用制の崩壊、会社に一生をささげるのではなく、その時々に応じて、自分のライフスタイル・キャリアパスを自ら決定することができるようになっており、その中で、派遣社員というものはひとつの価値を持っているからです。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 04:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣会社

派遣会社の種類

派遣会社っていうのは、本当にたくさんありますね。

こういう業界っていうのは、良い会社と悪い会社の差が激しくなる傾向にあります。

まぁ実際、良いか悪いかというのは主観で左右される部分もあるのですが、しかし、許されるレベルっていうものがあると思うので、明らかに悪い会社っていうのは存在するということです。

で、そんな会社がどこかっていうのが中々難しくて、インターネットでいくら探しても、十分な情報は得られません。

結局、不十分ながら情報収集して、これなら大丈夫だろうというところを選ぶ以外ないわけです。

ただ、やばい派遣会社を見分けるっていうのは、ある程度は実は可能で、あやしいものに敏感であれば大丈夫だと思います。

要するに、一線を越えた悪質な会社っていうのは、その雰囲気が伝わってくるので、ピーンと分かっちゃう訳です。

まぁそのひとつの基準としては、何か自分の意思を枉げられるような流れとか、自分を否定してくるとか、こういうところはまぁ気をつけた方がいいですね。

ともあれ、そういうぎりぎりのラインの会社を狙わなくても、安心できる大手を選んどけばいいっていうのが、現時点での私の結論です。

まぁ大手とは言え、安心できない迷惑会社は存在する訳ですが。

そういう訳で、

派遣会社ランキング

などは参考になるかもしれません。

さて、派遣会社にもいくつか種類があります。

まず、そもそも人材サービスを行っていた会社
・リクルートスタッフィング、アデコなど

次に、他業種の会社自身の派遣社員供給のために作られたもの
・三井物産ヒューマンリソース、ニッセイの派遣会社など

ベンチャー
・インテリジェンス


それぞれ得意とする業種も違うと思いますし、色々試してみるのもいいと思います。

それに、担当者によって、同じ派遣会社でも全く違いますから、色々な歯嫌疑者に行ってみるのは良いアイデアです。

また、自分のスキルを伸ばして、担当者がどうしても担当したくなるような自分になることも大事ですよね。

posted by 派遣会社 at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣会社

派遣会社の動向

本日、2006年10月4日、日本経済新聞朝刊に派遣業界の記事がでていましたね。

なんでも、派遣先企業が派遣会社に払うお金が増えているというんですね。
10%ほど単価が上がっているようです。単純な事務職でも2000円超ですから、いよいよ人材の売り手市場ということになってきましたね。

ちなみに、派遣先が派遣会社に払うお金が増えるとともに、派遣会社から派遣社員に支払われるお給料も徐々に上がっているようです。

派遣社員は時給制ですから、時給が上がらない限り生活に中々余裕がでてきません。

そういう意味で、この流れは本当に歓迎したいところです。

また、正社員の求人も復活してきていますから、派遣社員から正社員を目指す方にとっても良い状況になってきているのではないでしょうか。
posted by 派遣会社 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣会社

派遣会社ランキングや一覧など

人材派遣会社のランキング情報については、派遣会社ランキングをご覧くださいませ。また、色々な人材派遣会社を確認したい場合は、人材派遣会社一覧をご覧くださいませ。

派遣会社を選ぶことは良いキャリアを築く上でとても大切です。良い派遣会社を選び、自分でキャリアアップの線を作っていくことが大事ですね。

是非、上記の2サイトを活用して、人材派遣会社選びにご活用ください。

posted by 派遣会社 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣会社

法律から見た人材派遣

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(労働者派遣法)2条の定義によると、

1.労働者派遣

自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする。
2.派遣労働者

事業主が雇用する労働者であつて、労働者派遣の対象となるものをいう。
posted by 派遣会社 at 23:24 | 派遣会社

雇用形態から見た人材派遣

雇用形態について、通常は雇用するために契約を結ぶ場合、雇用者と労働者の二面的契約関係となるが、

労働者派遣法によって認められた形態では
1.「派遣元(派遣会社=実際の雇用者)と労働者(派遣労働者)」、
2.「派遣先と労働者」、
3.「派遣元(派遣会社)と派遣先」
という三面的契約関係となる。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 21:54 | 派遣会社

人材派遣会社の暗い面

日本においては、労働契約を営利目的で仲介することは禁止されてきた歴史がある。

しかしながら、バブル崩壊とともに、企業の業績がみるみる悪化し、雇用情勢もそれにつれて急激に悪化した。

そのため、企業は人件費削減を余儀なくされ、早期退職の推進や解雇など正社員の大幅削減、いわゆるリストラを行った。

その結果、戦力となる人材を確保するため、非正規雇用を増加させることになったのであるが、

続きを読む
posted by 派遣会社 at 22:07 | 派遣会社

派遣会社、派遣先会社の法的制限

派遣業種については大幅に緩和され、ほとんどの業種で派遣が可能となっているが、

建設業務、警備業務、港湾業務、および医療業務(一部の業務については可能)に関しては、(派遣会社を通じた)人材派遣はできない。

再派遣の禁止:派遣会社から派遣された社員をさらに派遣させることはできない。

事前面接の禁止:派遣を受けようとする会社は、派遣会社に対し、事前面接や履歴書の提出など派遣社員を「特定することを目的とする行為」をしてはならない。
posted by 派遣会社 at 22:17 | 派遣会社

派遣会社を利用することのメリット

派遣先企業側に立った場合

○自社では雇用が難しい特殊な人材の利用が可能

○経営的側面からは、人件費を固定費としてではなく変動費(費用)として計上することが可能。(人件費の抑制)

○労働力を必要な時にのみ、必要な分だけ、確保する事が容易。

○通常の給与とは異なり企業が派遣元へ支払う金銭は消費税法上「課税仕入れ」となる。その結果国などに納める消費税等を安く済ませることができる。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 22:33 | 派遣会社

派遣会社を利用する場合の問題点

派遣労働者側に立った場合

○派遣先企業の都合で配属先や勤務時間等が頻繁に変えられる例や、急に解雇される例などのトラブルも存在する。

○収入面でも時給制の場合が殆どの為に就業時間等によって極端な変動が生じる事があり、一定の収入を当てにしての生活設計が難しい場合もある。

また、退職金制度が無い場合が殆どであることにも注意したい。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 22:58 | 派遣会社
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。