派遣会社を利用することのメリット

派遣先企業側に立った場合

○自社では雇用が難しい特殊な人材の利用が可能

○経営的側面からは、人件費を固定費としてではなく変動費(費用)として計上することが可能。(人件費の抑制)

○労働力を必要な時にのみ、必要な分だけ、確保する事が容易。

○通常の給与とは異なり企業が派遣元へ支払う金銭は消費税法上「課税仕入れ」となる。その結果国などに納める消費税等を安く済ませることができる。

派遣労働者側に立った場合

○勤務先(業種、職種、勤務地など)選定の自由度が大きい。

○ある期間に限った労働が可能なため、短期のスケジュールを立てやすい。

○業務に対する派遣のため、異動などにより希望しない仕事をさせられることがない。

○勤務先との間の問題は派遣会社が間に立って解決してくれる場合もある。

○目標と方向性がしっかりしており、スキルアップの努力を怠らなければ、さまざまな企業で経験を積むことによって計画的なキャリアアップが図れる。

また、紹介予定派遣制度(一定期間勤務した後、派遣先企業と労働者が合意すれば、直接雇用される形態。派遣期間の上限は6ヶ月)を利用すれば

○派遣先企業としては、自社(派遣先)正社員採用に際し、筆記試験や面接に頼るのではなく、一定期間、実際に働いている姿を見ることによって、使えるかどうかの判断が正確にできる。つまりは正社員採用に伴うリスクを大幅に軽減できる。

○派遣労働者としては、転職(転籍)する前に勤務先の内部状況が分かるので、入社前と入社後の企業イメージの乖離が生じにくい。言い換えれば、インターン制度と同様のメリットを享受できる。
posted by 派遣会社 at 22:33 | 派遣会社
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。