法律から見た人材派遣

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(労働者派遣法)2条の定義によると、

1.労働者派遣

自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする。
2.派遣労働者

事業主が雇用する労働者であつて、労働者派遣の対象となるものをいう。
posted by 派遣会社 at 23:24 | 派遣会社

雇用形態から見た人材派遣

雇用形態について、通常は雇用するために契約を結ぶ場合、雇用者と労働者の二面的契約関係となるが、

労働者派遣法によって認められた形態では
1.「派遣元(派遣会社=実際の雇用者)と労働者(派遣労働者)」、
2.「派遣先と労働者」、
3.「派遣元(派遣会社)と派遣先」
という三面的契約関係となる。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 21:54 | 派遣会社

人材派遣会社の暗い面

日本においては、労働契約を営利目的で仲介することは禁止されてきた歴史がある。

しかしながら、バブル崩壊とともに、企業の業績がみるみる悪化し、雇用情勢もそれにつれて急激に悪化した。

そのため、企業は人件費削減を余儀なくされ、早期退職の推進や解雇など正社員の大幅削減、いわゆるリストラを行った。

その結果、戦力となる人材を確保するため、非正規雇用を増加させることになったのであるが、

続きを読む
posted by 派遣会社 at 22:07 | 派遣会社

派遣会社、派遣先会社の法的制限

派遣業種については大幅に緩和され、ほとんどの業種で派遣が可能となっているが、

建設業務、警備業務、港湾業務、および医療業務(一部の業務については可能)に関しては、(派遣会社を通じた)人材派遣はできない。

再派遣の禁止:派遣会社から派遣された社員をさらに派遣させることはできない。

事前面接の禁止:派遣を受けようとする会社は、派遣会社に対し、事前面接や履歴書の提出など派遣社員を「特定することを目的とする行為」をしてはならない。
posted by 派遣会社 at 22:17 | 派遣会社

派遣会社を利用することのメリット

派遣先企業側に立った場合

○自社では雇用が難しい特殊な人材の利用が可能

○経営的側面からは、人件費を固定費としてではなく変動費(費用)として計上することが可能。(人件費の抑制)

○労働力を必要な時にのみ、必要な分だけ、確保する事が容易。

○通常の給与とは異なり企業が派遣元へ支払う金銭は消費税法上「課税仕入れ」となる。その結果国などに納める消費税等を安く済ませることができる。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 22:33 | 派遣会社

派遣会社を利用する場合の問題点

派遣労働者側に立った場合

○派遣先企業の都合で配属先や勤務時間等が頻繁に変えられる例や、急に解雇される例などのトラブルも存在する。

○収入面でも時給制の場合が殆どの為に就業時間等によって極端な変動が生じる事があり、一定の収入を当てにしての生活設計が難しい場合もある。

また、退職金制度が無い場合が殆どであることにも注意したい。

続きを読む
posted by 派遣会社 at 22:58 | 派遣会社
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。